私たちの支援活動

日本にある難民支援団体

日本には、難民の人たちを支援する民間団体があり、弁護や就職支援、シェルター(一時的な住まい)のあっせんなどを行っていますが、「住まい」や「暮らし」支え、何人もの難民を受け入れられる支援センターはこれまでありませんでした。

2020年4月より、鎌倉のイエズス会の修道院を活動の拠点として、最大30名の難民の住まいや暮らしを支援できる施設を始めました。

「アルペなんみんセンター」は、この施設で難民の人々を支援しながら、下記のような活動を行っています。

アルペなんみんセンター

アルペなんみんセンターの支援

難民への緊急支援

緊急シェルターの提供
食事の提供
医療支援
ビザ更新費用

難民への定住支援

認定手続支援
日本語学習支援
通訳 /翻訳支援
就労支援

難民理解セミナー等の開催

活動レポート

難民認定申請手続には、数年かかり、その間、難民は、精神的にも、経済的にも、法的にも不安定な状態に置かれています。難民認定申請手続中に、母国での迫害の傷を癒し、認定後、地域社会へ定住するため日本文化の理解、日本語の習得、自立に向けた様々な支援が不可欠です。

運営団体

NPO法人アルペなんみんセンター

2020年4月に設立した、NPO法人アルペなんみんセンターが運営しています。

ご支援・ご寄付について

市民社会、諸団体と連携し、迫害から逃れて来日した難民を暖かく日本社会に迎え、来日した難民に対して、情報提供、難民認定手続き支援、定住支援を提供し、難民が自立して日本社会で生活し、地域社会とつながり、寛容性と多様性にあふれた多民族・多文化共生社会づくりに寄与することを目指します。アルペなんみんセンターの運営は、皆さまからのご支援・ご寄付によって成り立っています。