クルッポアワード2021を受賞しました

アルペなんみんセンターが、クルッポアワード2021(SDGs部門)を受賞し、鎌倉市長から表彰状をいただきました。

クルッポアワード2021表彰式(写真中央:松尾 崇 鎌倉市長、2022年1月20日、鎌倉市市役所)

まちのコイン「クルッポ」とは、神奈川県の「SDGsつながりポイント事業」の一環で、住民や店舗、企業などがポイントを通してつながりながら社会的課題解決を目指すツールとして2019年9月に誕生しました。現在は、東京都や長野県、大阪府、岡山県、鳥取県、福岡県、沖縄県内の市町村など13のエリアに広がっています。

鎌倉市は、2021年1月から導入し、市民5411人、197企業・団体(2022年1月21日現在)が参加、利用しています。

アルペなんみんセンターも「クルッポ」を通して、入居中の難民が、地域とつながるために活用させて頂いています。

*まちのコイン運営会社「面白法人カヤック」が、エピソード漫画と紹介記事を掲載いただきました。

エピソード漫画「まちのコインが取り戻した笑顔」(面白法人カヤック)
コミュニティ通貨「まちのコイン」と出会い、笑顔を取り戻したスリランカ難民さんの心温まるエピソード

まちのコインがくれた「つながりと存在意義」〜アルペなんみんセンターさんの場合〜

NHKニュース 2021年10月「クルッポ」を利用した取り組み

この記事を書いた人